茉莉の健康ブログ

健康第一!茉莉の生活

アビガンのコロナ治療での飲み方の詳細をご紹介・治験で安全性は確立【ファビピラビル錠(アビガン)】

みなさん、こんにちは!

 

コロナ治療にてアビガンのジェネリック薬のご紹介をしていましたので、

今回はお問い合わせの多かった、そのアビガン(ファビピラビル)のコロナ治療での飲み方のご紹介です💡

 

新型コロナウイルス感染症の治療薬について、ファビピラビル(アビガン錠)は、軽症患者へは投与が推奨されているお薬になります。

要するに感染後の早期治療になり、

自宅療養でのお守り代わりで常備しておく、イベルメクチンのような使用方法になるのかと言われています。

 

 

 

 

【引用】

▼アビガンのコロナ治療での飲み方

1日目のみ1回1800mg×2回、2日目以降は1回800mg×2回で、最長14日間、経口投与する。

 

国内で新型または再興型インフルエンザウイルス感染症を対象に承認されている用法・用量は、1日目は1回1600mg×2回、2日目以降は1回600mg×2回で、総投与期間は5日間のため、投与量を引き上げ、投与期間も長くする格好だ。

 

▼アビガン治験での安全性

ただ、富士フイルムは過去に、エボラ出血熱の感染拡大の可能性を念頭に、国内で健常者を対象としたアビガンの治験を実施したことがあり、その際の用法・用量は1日目のみ1回1800mg×2回、2日目以降は1回800mg×2回で、総投与期間は22日間だったが、ファビピラビルの安全性が確認されている。

 

日本感染症学会の「COVID-19に対する抗ウイルス薬による治療の考え方」でも、

ファビピラビルの用法・用量は1日目のみ1回1800mg×2回、2日目以降は1回800mg×2回で、最長14日間とされており、国内の臨床研究でも同じ用法・用量が採用されている。

 

【ファビピラビル錠(アビガン)の通販購入はこちらから💡】

 

 

 

 

 

 

人気売れ筋商品